一般財団法人 招鶴亭文庫

 

平成24年度 事業計画

調査研究江戸時代以降の半田を含む知多半島地域の経済史及び文化史に関する資料の収集・保存及び調査研究

1.資料の収集・保存

  • 中埜家文書のマイクロフィルム撮影と保存及びデジタル管理方法の検討も含めたデジタル化
  • 中埜半六家文書の整理

2.調査研究

  • 財団所蔵中埜家文書の未調査分の目録作成と中埜家所蔵書籍等の調査
  • 明治中期以降の目録精査の進め方の検討
  • 公開・非公開文書区分の検討
  • 江戸時代から昭和初期における文書・絵図等により、半田を含む知多半島地域の経済・文化の研究
    (知多半島の醸造の発展のようすを酢・味噌・溜等の調味料視点から研究)

出版 調査・研究結果の出版

  • 機関誌の発行
    知多半島の醸造の発展のようすを酢・味噌・溜等の調味料視点から研究し、その成果を機関誌で発表

展示 収集資料及び調査・研究成果の展示

  • 企画展の開催
    24年度 半田市内の展示場にて、知多半島の醸造の発展のようすを酢・味噌・溜等の調味料視点から研究し、これに関わる企画展を開催する

その他目的を達成するために必要な事業

  • ホームページの活用
    新たな研究成果発表時は、機関誌での発表の他、ホームページでも発表